国際的イニシアティブへの参加

TCFD提言への賛同表明

ESG経営に基づくガバナンス強化に向け、気候関連財務情報開示タスクフォース( Task Force on Climate related Financial Disclosures 、以下 TCFD )提言への賛同を2022年6月末に表明するとともに、賛同企業や金融機関が議論する場であるTCFDコンソーシアムに加入いたしました。

今後、テクノプロ・ホールディングス株式会社は、持続可能な社会の実現への貢献と、企業の持続的な成長のために、「気候変動への対応」に関する情報開示を、有価証券報告書、統合報告書、ウェブサイト等を通じて積極的に行ってまいります。
TCFD提言に基づく情報開示ページ

TCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)
TCFDは、G20財務大臣・中央銀行総裁会合からの気候関連の情報開示に関する要請を受け、金融システムの安定化を図る国際機関である金融安定理事会(FSB)が2015年に設置したタスクフォースです。企業等に対して気候変動関連リスク及び機会に関する「ガバナンス」「戦略」「リスク管理」「指標と目標」の4つの項目について情報開示することを推奨しています。
(ウェブサイト:https://www.fsb-tcfd.org/

TCFDコンソーシアム
企業の効果的な情報開示や、開示された情報を金融機関等の適切な投資判断につなげる取組みについて議論する場として、2019年に設立。TCFDの提言に賛同する企業や金融機関等が取組みを推進しています。
(TCFD コンソーシアムウェブサイト:https://tcfd-consortium.jp/

国連グローバルコンパクトへの賛同

国連が提唱する「国連グローバル・コンパクト(以下、UNGC)」に賛同を表明する署名を行い、2021年10月12日付で参加企業として登録されるとともに、日本におけるローカルネットワークである「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン」に加入いたしました。

UNGCは、各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会のよき一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組みづくりに参加する自発的な取組みです。

テクノプロ・グループは、UNGCが掲げる「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」の4分野に関わる10原則を支持し、これらに基づく事業活動を実践することで、持続的な成長と社会課題や環境課題の解決を目指して、持続可能な社会の実現に向けて、より一層貢献してまいります。

グローバル・コンパクト10原則 掲載箇所
人権 原則1 人権擁護の支持と尊重 多様性と機会平等
倫理・腐敗防止・人権の尊重・労働環境の安全衛生
原則2 人権侵害への非加担
労働 原則3 結社の自由と団体交渉権の承認 テクノプロ・グループ企業行動規範
テクノプロ・グループ人権方針
グループ健康経営宣言・推進体制
原則4 強制労働の排除
原則5 児童労働の実効的な廃止
原則6 雇用と職業の差別撤廃
環境 原則7 環境問題の予防的アプローチ 環境保全・地域貢献
原則8 環境に対する責任のイニシアティブ
原則9 環境にやさしい技術の開発と普及
腐敗
防止
原則10 強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗防止の取組み テクノプロ・グループ贈収賄防止指針
TOP