• HOME
  • CSR
  • トップメッセージ

トップメッセージ

 テクノプロ・グループは、技術者や研究者の持つ夢の実現をサポートし、お客様にはさらに高品質のサービスをご提供し、ひいては、より素晴らしい社会の創造に資することをビジョンに掲げています。
このビジョンに基づいて、価値創造を支え高めるために優先的に取り組むべき経営上の重要課題(マテリアリティ)として「人材に関すること」、「ビジネスに関すること」、「社会的責任に関すること」、「ガバナンスに関すること」の4つを特定し、その取り組みを通じて持続的な成長を目指しています。

 「人材に関すること」では“すべての人の可能性を伸ばす”をテーマとし、社会のイノベーションの担い手である技術者や研究者が、産業や商品の垣根を越えて、自ら能力を磨き、なりたい姿を実現するため、最も能力が発揮できる機会を提供するプラットフォームであり続けたいと考えています。また、性別・年齢・国籍を超えたダイバーシティの進展やライフプランのパーソナル化を受けて、教育研修制度の充実をはじめとした柔軟で多様な働き方実現への取り組みを進めています。テクノプロ・グループは2016年に東京都から「TOKYO働き方改革宣言企業」として承認され、2020年には健康経営優良法人(大規模法人部門)にも認定されました。また、従業員だけでなく、次代を担う子供たちに科学の楽しさを知ってもらう取り組みや、高校生を対象としたキャリアセミナーなども開催しています。
 「ビジネスに関すること」では、“技術力で社会に貢献する”をテーマとし、プロフェッショナルな技術者集団として、常に技術力・スキルの研鑽を惜しまず、お客さまと社会に新たな価値を提供しています。大学との共同研究や、様々な分野の最先端企業とのアライアンス、ベンチャー投資組合への出資などを通して、自社の高度技術の蓄積はもちろん、社会に有益な技術の基礎研究や実用化のサポートをしています。
 「社会的責任に関すること」では、“信頼されるパートナーである”をテーマとし、コンプライアンスや情報セキュリティ強化のために従業員への定期的な研修の実施や、専門家や弁護士を講師とした顧客向けの「コンプライアンスセミナー」開催、自治体や取引先と協働し、環境緑化や生物多様性の保全に向けた自然観察教室を開催しています。顧客や従業員、地域住民の方々、株主の皆さま等、様々なステークホルダーに対する責任を認識し、企業市民としての責務を全うして参ります。
 最後に「ガバナンスに関すること」では“持続的に成長する企業であること”をテーマとし、事業を通じて社会に価値を提供し続けるために、継続的に成長し、企業としての責任を果たしていきます。社内・社外取締役の人選や取締役会の実効性評価、内部統制システム運用などについて適切な仕組みを構築し、また内部通報制度を整備する等、コーポレート・ガバナンス機能の強化に努めています。また自然災害や有事に備え、事業継続計画を策定し、実施訓練等を通して定期的な見直しを行っています。

 テクノプロ・グループは人材のスキルと専門性を高め、お客さまに最適なソリューションを提供し続けることで、信頼されるパートナーでありたいと考えています。そして持続的な成長を実現すると同時に、人材育成を通じて社会的価値を創出し、その成果を従業員、社会、株主の皆さまへ還元していきます。

2020年3月
テクノプロ・ホールディングス株式会社
代表取締役社長 兼 CEO

西尾保示
  • HOME
  • CSR
  • トップメッセージ
TOP