グループ健康経営宣言・推進体制

テクノプロ・グループでは健康経営宣言及び健康経営に向けた推進体制を設け、
社員が健康で働ける企業であるよう、組織体制や制度・施策を実施しています。

1.テクノプロ・グループ健康経営宣言

私たちテクノプロ・グループは、「働く社員の健康は重要な経営資源であり、企業活力の源泉である」との考えに基づき、健康経営の推進に取り組むことを宣言します。

社員のQOL(Quality of Life)が向上されてこそ、お客さまへ真の付加価値を提供し続け、企業価値を向上させることが可能となります。

社会と共に持続的に成長するグループとして、健康経営を礎に豊かな未来の実現に貢献します。

(健康経営推進基本方針)

  1. 社員一人ひとりが心身ともに健康で持てる能力を最大限に発揮できるよう、安全かつ適正な職場環境の整備や制度の構築に努めます。
  2. 健康リテラシーの向上のための啓蒙・教育や健康管理を充実させるとともに、各種健康維持増進施策の実践を通じ、社員の主体的・自律的な健康づくりを積極的に支援します。
  3. 健康経営の取り組みを通じ、組織と個の活性化、生産性及び創造性の向上を追求します。

テクノプロ・ホールディングス株式会社
代表取締役社長 兼 CEO 西尾 保示
(注) 「健康経営」は特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標です。

2.推進体制

健康経営優良法人2020(大規模法人部門)に認定

健康経営優良法人認定制度は、経済産業省と日本健康会議が進めるもので、地域の健康課題に即した取組みや日本健康会議が進める健康増進の取組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。 テクノプロ・ホールディングス株式会社は、2020年3月2日付で「健康経営優良法人(大規模法人部門)」に認定されました。
テクノプロ・グループでは、「働く社員の健康は重要な経営資源であり、企業活力の源泉である」との考えに基づいて健康経営を推進しており、従業員の健康増進を図るための各種の施策を実施しております。 今後も健康経営の取り組みを通じ、テクノプロ・グループ一体となって組織と個の活性化、生産性及び創造性の向上を追求してまいります。

  • テクノプロDo
  • ラジオNIKKEI
  • IR優良企業奨励賞
  • GomezIRランキング
TOP