株主還元について

テクノプロ・ホールディングスではグループの中期的価値創造に向けて中期資本政策を策定し、株主様への安定した還元を実施しております。

中長期的価値創造に向けて

戦略的財務フレームワークの基本的考え方

テクノプロ・グループでは、

①長期的な成長=M&A、従業員の育成
②財務健全性=ROE20%、D/Eレシオ1倍以下
③株主還元=配当性向50%以上

の3つのバランスを適切に保つことで、中長期的な価値の創造を実現してまいります。

3つのバランス

■①成長への積極投資

  • M&A、新技術やサービス開発
  • 従業員の育成と成長
  • ESGへの取り組み

■②適正な財務健全性(レバレッジ)

  • EPS重視
  • ROE20%以上

■③株主還元の規律

  • 配当性向50%以上を維持(自社株取得オプションは留保)

株主メリット

配当金を受けとることができます

利益配分に関しましては、企業価値・株主価値向上を図るべく、内部留保を通じて成長のための資金需要と財務健全性確保に対応する一方で、連結配当性向を具体的な指標として、業績の一部について配当を通じて株主の皆様に直接還元することを基本方針としております。配当水準については、中長期的に連結配当性向50%を目処とし、中間配当及び期末配当を年2回安定的に行うことを基本としております。

配当方針・配当金

  • テクノプロDo
  • ラジオNIKKEI
  • IR優良企業奨励賞
  • GomezIRランキング
TOP