高度人材の育成 未経験者の能力開発

AIやビッグデータ分析、自動運転やドローン活用など、技術革新が社会を大きく変えつつある中、これらの技術を支えるエンジニアや研究者の不足が顕著になっています。また日本においては、少子化や都市への人口集中など社会構造の変化に合わせ大都市を中心にリビルドが行われる中で、建築・建設の人材が不足する等、専門職の育成が喫緊の課題となっている分野もあります。テクノプロ・グループは、高度人材の育成や未経験者に対する職業能力開発等を通して、イノベーションを支えるエンジニアの育成に注力しています。

高度人材の育成

AI・データサイエンス

大企業を中心にAIの導入が進み、現在は規模や業種を問わず多くの企業において様々な目的でAI導入が検討されています。一方、AI普及のカギとなるデータサイエンティストやデータアナリスト、コンサルティングエンジニアといった高度人材が圧倒的に不足し、技術革新のボトルネックとなっています。
テクノプロ・グループは、ALBERTやアイズファクトリー、LIGHTzといったビッグデータ分析やAIの分野で日本有数のノウハウを持つ企業と協業し、OJTを含む育成プログラムを共同開発しました。社内で選抜されたエンジニアは、比較的短期間でデータサイエンティスト等としてのスキルを習得し、お客様の社内プロジェクト等において、高度人材として貢献しています。

自動車や航空機等の開発・設計

自動車においては、操作系アシスト機能の普及から、より高度なレベルでの自動運転が現実になりつつあり、自動車そのものの概念が従来とは全く異なるものになろうとしています。大量のセンサーを搭載し、そこから得られた情報をもとに自らを制御し走行する自動車では、これまでとは比較にならない規模の組込ソフトウェア開発が必要となり、開発に要する工数も膨大になっています。
また、金属・炭素繊維など多種類の素材で構成された車体・機体が様々な環境下で長期にわたって使用される自動車・航空機等においては、安全性や耐久性を担保するため、設計段階でのシミュレーションの重要性が高まっています。
テクノプロ・グループは、組込ソフトウェアのモデルベース開発においてdSPACE Japanおよびインテグレーションテクノロジーと、CAE解析において先端力学シミュレーション研究所と提携や協業を行い、様々な開発・設計分野における教育研修体制を構築し、大手メーカー等のお客様のニーズに応えていくための人材育成を行っています。

社会人博士制度

大学での基礎研究、企業での応用・開発研究の現場では、専門性の高い博士課程を修了した研究者に対する大きなニーズがあると言われていますが、実際には高額な学費等の理由から博士を諦めて修士の学位までで就職する学生が多くなっています。社会人になって働きながら博士学位取得をするケースもありますが、時間的な制約や学費の支払い等で本人への負荷が大きいのも事実です。
テクノプロ・グループは、医薬・バイオ分野の研究者向け社会人博士制度において、学業に専念できる環境づくりに配慮。会社の審査に合格した人には、「仕事を一旦休職し学業に専念、ただし給与は満額支給」「学費は全額を会社が立て替え支給、学位取得後3年間就業により返済免除」「大学院の近くで社宅入寮可能」などの好条件を用意し、大学院での研究に没頭し専門スキルを高められる制度としています。

未経験者の能力開発

施工管理技術者

国内建設市場における深刻な技術者不足に対応するため、東京と大阪に技術センターを設置し、未経験者を対象とした建築施工管理技術者の育成を行っています。
約1カ月にわたる育成プログラムでは、建築・土木・設備等の網羅的な基礎知識を習得できるよう、建築概論・建築図面・施工管理・測量概論・土木概論・測量実習など、多様なカリキュラムを実施しています。

3D-CAD設計者

理工系の出身者で設計業務の経験のない方を、CAD設計者育成コース研修生として採用しています。約2ヵ月の実践的な研修を経て、機械設計者に養成。修了後は、自動車や産業用機械の現場で活躍するエンジニアとして働いていただいています。

TOP