• HOME
  • CSR
  • 技術力による社会貢献

技術力による社会貢献

テクノプロ・グループは、プロフェッショナルな技術者集団として、常に技術力・スキルの研鑽を惜しまず、お客様と社会に新たな価値を提供しています。そのために、大学との共同研究や、様々な分野の最先端企業とのアライアンス、ベンチャー投資組合への出資などを通して、自社の高度技術の蓄積はもちろん、社会に有益な技術の基礎研究や実用化のサポートをしています。

アライアンス

国内外の先端技術企業と協働・協業し、グループのネットワークを活かして、国内外の多くのお客様に付加価値の高いサービスを提供しています。

開発環境の構築・運用支援

自動車や航空機、医療機器、ロボットなどにおける組込システムの大規模化・複雑化に伴い、開発期間の短縮と品質向上を実現するモデルベース開発(シミュレーション技術による開発)の重要性が高まっています。
この分野の世界的リーディングカンパニーであるdSPACEや、理化学研究所ベンチャー企業であるインテグレーションテクノロジーとそれぞれアライアンス契約を締結しています。お客様のモデルベース開発環境の構築において、コンサルティングや設計の段階での支援を協業企業が、実装や運用段階でのサポートやエンジニアリングをテクノプロ・グループが主に行う等の形で、お客様に質の高いサービスを提供しています。

人材育成支援

製造やITの業界においては、若手理系人材の減少により、多くの企業が人材不足に直面しています。
製造業の設計開発のコンサルティングを行うO2(オーツー)と協業し、O2のノウハウを活かした設計開発エンジニア向け教育カリキュラムを開発。お客様の従業員向け教育研修カリキュラムとして提供するとともに、講師をテクノプロ・グループのエンジニアが担当するなどして、設計エンジニアの育成支援を行っています。

産学連携

技術による社会イノベーションを目指す多くの大学と連携し、医療・バイオ、AI、ドローンなど、様々な先端研究分野において共同研究や開発を行っています。

豊橋技術科学大学との共同研究

豊橋技術科学大学が開発した「豊橋プローブ」は、1mm角の基板上に細胞よりも細い針(プローブ)のシリコンを垂直に結晶成長させた、超微細ニューロン電極。これを活用した脳計測デバイスは、生体へのダメージを最小限に抑えながら長期にわたって、マウス等の脳神経活動を計測・記録することを可能としました。今後の研究や市場展開により、ヒトを含む脳の学習機能や病気のプロセス解明、脳疾患の診断システムやBMI(脳とロボットをつなぐインターフェース)の開発など、様々な医療分野の発展に貢献が期待される技術です。テクノプロ・グループは、この豊橋プローブを活用した脳科学研究手法の開発に向け、同大学と共同研究を進めています。

その他の主な大学との共同研究・開発

  • 東京大学テーマ:脳性まひ患者リハビリ支援機器・システムの開発
  • 東京大学テーマ:超音波医用画像計測システムの開発
  • 東京工業大学テーマ:AI機能搭載飼育牛モニタリング機器・システムの開発
  • 名古屋大学テーマ:AUTOSARツールチェーンに関するコンソーシアム型共同研究
  • 鳥取大学テーマ:効率的抗体作製方法の開発(Trans Chromosomics社との3者での共同研究)
  • 東北工業大学テーマ:ヒトiPS細胞由来ニューロンのMEA計測
  • 同志社大学テーマ:エンジニア給与の日米比較調査

ベンチャー投資

スタートアップ企業、中でも研究開発型ベンチャーと言われる企業を支援するため、ベンチャーファンドへの出資を行っています。

主な出資先

  • みらい創造一号投資事業有限責任組合(東工大関連ベンチャーへの投資・経営支援)
  • DEFTA Healthcare Technologies,L.P.(先端医療・再生医療分野の先端企業への支援)
  • 千葉道場ドローン部1号投資事業有限責任組合(ドローンファンド)
  • HOME
  • CSR
  • 技術力による社会貢献
TOP